忍者ブログ
いつでも感謝的生活/えもりぶろぐ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

素直さという言葉には、散々悩まされてきたけれど

自分のこころのあるがまま、正直な気持ち

人に言うのははばかられるけれど持ってしまう気持ち

そうゆうのは、ついつい抑圧されがちだけれど

認めることも大事なんだよなーと思う。


以前、友達と話していて「もっとわがままになってもいいんじゃない?」って言われたことがあった。

こんなこと言ったらダメ、怒られる、失礼なことだとか考えることも必要だけど
だからって言わないのもまた違う。

「私はこう思うからこうしたい。」って、素直に思う事を伝えてみたら?
と言われたことがあって

自分に足りない素直さは、こうゆうことかもしれないと思った。
PR
今はこんなに悲しくて涙も枯れはてて
もう二度と笑顔にはなれそうもないけど


そんな時代もあったねといつか話せる日が来るわ
あんな時代もあったねときっと笑って話せるわ
だから今日はくよくよしないで今日の風に吹かれましょう
まわるまわるよ時代はまわる喜び悲しみ繰り返し
今日は別れた恋人たちも生まれ変わってめぐりあうよ

旅を続ける人々はいつか故郷に出会う日を
たとえ今夜は倒れてもきっと信じてドアを出る
たとえ今日は果てしもなく冷たい雨が降っていても
めぐるめぐるよ時代はめぐる別れと出会いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも生まれかわって歩き出すよ

まわるまわるよ時代はまわる別れと出会いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも生まれかわって歩き出すよ
今日は倒れた旅人たちも生まれかわって歩き出すよ

中島みゆき「時代」
--------------

大切な人から贈られた歌。
ありがとう。とても嬉しかったです。
がんばろうね。
悪意はよろしくないな~ほんとに。

と思います。

だれも幸せにしないから。
持つ方も、持たれる方も、周囲の人も、みんな。
不幸の種だと思う。

例えば、悪意の具体例の王道はいじめだけど、
いじめの何がダメかといえば、
原因はどちらにもあるとか、そうゆうのは極端に言うとささいな話で、
きっかけがどうであれ、結局のところ、
「悪意を持った人がダメに決まってるよね、なぜならみんなを不幸にした(しようとしてる)から」

ってことだと思います。

みんなを不幸にすることがわかっていながら、悪意を持つ事は
社会において当然問題視されるべきだと思います。個人的には。


価値観が合わない人は沢山いるので、
関わっている世界が近くても遠くても
私は私、あの人はあの人という割り切りがあれば、
特に悪意は生まれないと思うんだけど…

必要以上に関わらなければいいだけだし、
棲み分けがあれば問題ないと思うんですけどね。
一人一人が担っている要素…良いところや悪いところってのは必ずあるので、
それを否定してやり込める、みたいなのは視野が狭いのかなと思います。

大きく見て、社会や自分に貢献する可能性がある要素をつぶすことに何のメリットも感じないです。
いじめって「なんか気にくわないヤツが苦しむ様子を見て、嬉しい」とか、そんな小さい世界での話だと思うんですよね。
その後どうなるかとか全く考えてないような気がします。


人の気持ちは割り切れないから悪意が生まれちゃうんでしょうね。
むずかしいですね。

--------

あと、悪意って意外にすぐに見抜けるっていうのが不思議で面白いと思います。
善意から来ているのか、悪意から来ているのか、
なんとなく感づいてしまう。

ま、気付いていても敢えて気付かないふりをすることもあるんだけど。

たぶん、悪意に気づける力ってのは誰にでもある能力なんだと思います。


Lady Ga Ga インタビュー

素敵だなぁと思ったので貼ってみる。


彼女がリスペクトする80年代文化についての話から、一部抜粋。

「音楽、アート、ライフスタイル、すべて同じモノだった。

 うぬぼれることはみっともないことではなくて、アートだったのよ。

 それは自分を理解して自分を愛することができる方法だったんじゃないかしら」



そして、最後のメッセージがすばらしいです。

「まず伝えたいのは誰もが恥ずかしがらず自己表現していいってことよ。

 たっぷり時間をかけて、読書をしたり、美術館へ行ったり、古い映画を見たり、

 自分が本当に愛しているものを蓄積するの。

 自分が何者なのかわかってくるわ。

 そして自分のイメージするモノが意味をなし、まっすぐな信条になっていくのよ」
あーあ。
自分、もー、なにやってんだろう。。。

中途半端だな。
焦ってる。

どこにいても居心地が悪い。
自分の居場所がないように感じる。
自分のせいで楽しめてない。
…最悪だ(-"-;)


解決策は知ってる。
「とにかくやるしかない」だ。
誰が見てもはっきりとわかるカタチにするしかない。


私がどんなにダメなやつでも、
私が死なない限り誰も私の存在を否定できないのと同じこと。

意味や理由は、カタチに現れないと否定される。
しかし、カタチに現れれば誰も否定できない。
(いちゃもんはつけられるけど。)


結局、自分を否定するのは他人じゃなくて、自分自身だ。

自分に言い訳をしない、自分にも他人にも甘えないってことをやっていかなきゃいけない。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
はぁ~ようやくこうゆうのがわかるようになってきましたよ…

<ダメ人間(…というか人間見習い。研修中。)>の私も少しずつ<人間>に近づいて行ってる気はするんだが、果たして死ぬまでに間に合うんかなぁ…

まぁ自分のペースでいこー◎
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
(03/30)
(03/28)
(03/25)
(02/19)
(02/09)
金魚
カウンター

忍者ブログ[PR]